クマ できやすい

MENU

クマができやすい人の特徴

 

目の下に「クマ」があると、一気に老けて見えるのでイヤになりますよね 実は、多くの人を悩ますクマには、“できやすい人”と“できにくい人”がいることをご存知でしょうか?

 

クマが“できやすい人”と“できにくい人”の違いは?

 

クマができやすい人とできにくい人の差は、目の周りの筋肉が衰えているかどうかの違いにあると言われています。クマのできやすさの原因となっている筋肉というのは、眼球を支えている「眼輪筋」です。

 

この「眼輪筋」が衰えてしまうと血行が悪くなり、その結果、血液の色がくすんできます。目の下の薄い皮膚からそのくすんだ血液が透けて見えると、厄介なクマが出現してしまうのです。

 

たるみの原因にもつながる!

 

さらに、筋肉が衰えることがもたらす悪影響は、血行不良だけではありません。皮膚のたるみも起きやすくなる点には注意が必要です。そのため、「眼輪筋」が衰えてしまうと、色の悪い血管にたるんだ皮膚の影が加わって、厄介なクマができてしまうのです。

 

眼輪筋が衰える原因とは

 

そのような筋肉の衰えと聞いてしまうと、多くの方が原因として思い浮かべるのは「加齢」。確かに、加齢も原因のひとつであることは事実です。

 

しかし、その原因は加齢だけではありません!
そもそも、眼輪筋は目を閉じているときに鍛えることができる筋肉なんです!

 

つまり、長時間の読書やスマートフォンの操作を行うことで、瞬きの回数が減ってしまうことが大きく関係していると言われています。実際に、クマのある人とない人との瞬きの仕方を比較すると、その違いは明確です。

 

できにくい人はしっかりと目をつぶるのに対して、できやすい人はしっかりと目を閉じずに、半目の瞬きをしていることが多いことが分かっています。

 

これは、それだけ筋肉が衰えてしまっているがゆえの結果です。なお、そのクマができやすい原因となる「眼輪筋」の衰えは、簡単な体操で鍛えることが可能です。気になる人は体操で鍛えてみることをおすすめします。

 

眼輪筋を鍛える方法

 

 

眼輪筋を思いきり目を閉じたり、まぶしい目を作ったりすることで鍛えられます。あまりギュッとやるとシワができそうで不安ですが、動画などを参考にできる範囲からトライしてくださいね。

クマができやすい人の特徴関連ページ

目の下のクマに効果的なマッサージ
目の下クマに効果的なマッサージについての説明です。目の下クマは他の場所より皮膚が薄いので目立ちやすいのが特徴。マッサージにより効果が期待できる種類に、茶グマ・青グマ・黒グマがあるので、それぞれの特徴により方法を考えるのがポイントです。
クマではない目の影が「たるみ」かもしれない理由
目の下にクマには、いくつかのタイプがあります。タイプ別の特徴や原因、また、目の下のクマにおすすめのマッサージなどをご紹介します。